大根栽培キット

ダイコン栽培.com

大根栽培キット

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


ダイコンを育ててみたいけれど、プランターや土、種などを一式そろえるのが、
分かりにくい、面倒と感じること、ありますよね。

 

そんな時は栽培キットがお勧めです。
容器が小さい分、栽培できる量は少ないですが、気軽に始めることができます。

 

雑貨店などでも販売たくさん販売されている上に、
最近の栽培キットは見た目もオシャレで、インテリアの役目もしてくれます。

 

ダイコンに関するお勧めの栽培キットをご紹介します。

 

 

jibundaikon

「自分大根」C)charm 楽天市場店

 

 

■大根栽培キット

 

◎自分大根

まずは本当のダイコンを育てることができるキットです。
販売から徐々に人気が高まり、いまやダイコンの栽培キットといえばこれ!
というほど人気が高まっています。

 

「自分大根」の栽培キットには、縦長のプラポット、
培養土、種、育て方の説明書が入っています。

 

栽培に必要なものが全て含まれていて、すぐに栽培を始めることができます。
1つの容器では1本しか育てることはできません。

 

しかし間引きをしたり、水を与えたりと世話をしているうちに、愛着がわいてきます。
上手に育てれば、長さが20cmほどの立派なダイコンが収穫できます。

 

この自分大根はシリーズ化されており、ダイコンの他にも、
「私のおかぶ」「いっぽんでもにんじん」があります。

 

 

kabu-ninnjin
「私のおかぶ」「いっぽんでもにんじん」、楽しそうですね

 

 

私のおかぶは、薄紫と白のツートンカラーのカブを育てることができます。
いっぽんでもにんじんは、その名の通り、ニンジンを栽培できるセットとなっています。

 

 

pg-1

パームガーデン C)GMA-ART

 

 

■二十日大根栽培キット

 

◎DMCブランド ラディッシュ栽培キット

 

◎小さな栽培キット パームガーデン ラディッシュ

 

いきなり大きなダイコンはハードルが高い……という場合は、
小さくて栽培期間の短い二十日大根の栽培キットがお勧めです。

 

二十日大根(ラディッシュ)であれば、1ヶ月ほどで収穫することができます。
栽培キットの種類も豊富で、可愛らしいものがたくさん販売されています。

 

基本的には、容器、土、種がセットになっているものが多いので、
購入すればすぐに栽培を始めることができます。

 

二十日大根であれば、栽培可能な時期も長いですし、
大きめの容器の栽培キットを選べば、一度に何株も育てて収穫できます。 

 

朝、大きく育った二十日大根を収穫し、
朝食のサラダなどに入れれば、
フレッシュで彩りの美しい二十日大根を楽しむことができます。

 

 

kaiware

スプラウト水栽セット C)Cozy Garden & Flower

 

 

■かいわれ大根栽培キット

 

◎スプラウト水栽セット

 

◎かいわれ大根栽培キット

 

二十日大根よりもさらに短い期間で収穫したい!という方には、
かいわれ大根の栽培キットがお勧めです。

 

かいわれ大根はいわゆるスプラウトと呼ばれる野菜の一種です。
種を播いて水に浸しておくと、数日のうちに発芽し、そのまま育っていきます。

 

ある程度の高さまで育ったら、ハサミなどでちょきんと切って収穫です。
料理の添え物として重宝し、ピリッとした味わいを生かしてサラダに入れたり、
蕎麦や素麺の薬味にするのもおいしいです。

 

かいわれ大根の栽培キットは、容器と種がセットになっているものがほとんどです。
容器が二重になっていて、綿やシート、土などが不要のタイプと、
綿やシートを土代わりにして根付かせるタイプの2通りが基本です。

 

どちらも育てるのは難しくありませんし、管理も水だけなのでとても楽です。
大きなダイコンやラディッシュにように、太陽光を必要としないので、
日当たりの良い場所がない方にも気軽に育てることができます。

 

かいわれ大根の良いところは、一度キットを購入した後は、
好きな種を購入してくるだけで、再び育てることができるところです。

 

かいわれ大根以外にも、蕎麦やブロッコリーなどのスプラウトを育てることもできます。
ただし、種を購入する時は、スプラウト用の種を購入するようにします。

 

スプラウト用以外の種は、消毒処理をしている場合がほとんどです。
スプラウトとして食べる場合、栽培期間が短く、
薬剤が残ったままになる可能性が高いので注意しましょう。

 

スプラウト用の種も、ホームセンターなどでも購入できるので、
好みのスプラウトの種を常備しておくと、いつでも栽培することができて便利です。

 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培



スポンサードリンク

 

タグ :

ダイコン栽培 Q&A

人気の記事