ダイコン 栽培

ダイコン栽培.com

ダイコンの害虫

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


daikon

ダイコンはアブラナ科であり、栽培中に様々な害虫被害を受けます

 

 

ダイコンにつきやすい害虫をまず知っておき、
被害が出ているのを見つけたら、すぐに対処します。

 

また、ダイコンは種から育てますが、害虫の心配がなくなるまでは、
防虫ネットを張ることで、予防することができます。

 

まずは予防を重点的に、被害が出たらすぐに対応できるようにしましょう。


 

タグ : 

ダイコン 病害虫

ダイコンの病気

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


daikon1

ダイコンは意外と病気にかかりやすい野菜です
かかりやすい病気には、あらかじめ注意しておくのが良いです

 

 

感染すると被害が大きくなることもあるので、
見つけたらすぐに対処するようにしましょう。
主な病気の症状と対策をご紹介します。

 

 

[ダイコンの病気]

 

 

■葉に症状が出る病気

 

●べと病
症状は主に葉に出ますが、根に出ることもあります。
葉に症状が出る場合は、明るい黄緑色の斑点ができます。

 

その斑点はしだいに大きくなり、葉脈に囲まれることで四角い形に変わります。
病斑の表面には、白っぽい灰色のカビが発生しているため、
他の病気と見分けることができます。

 

根に症状が出る場合、表皮の下に黒褐色の斑点ができますが、
斑点の形はいびつで、一定ではありません。

 

徐々に進行していくと、広範囲の染みのような状態になり、
よく見るとその中に斑点が見えます。

 

◎対策
低温で多湿な環境で発生しやすくなるので、過湿には注意します。
また、連作によって感染する可能性が高いので、
できる限り連作しないように注意します。
薬剤を使う場合は、サンボルドーなどが使えます。

 

 

●モザイク病
葉の葉脈に沿って、緑の濃淡のモザイク柄が出ます。
栽培初期に感染すると、極端に生育が悪くなり、根はほぼ肥りません。
状態が悪ければ枯死することもあります。

 

株がやや大きくなってから感染した場合は、新葉だけに症状が出ます。
根に症状が出ることはあまりありませんが、
たまに表面でこぼこになり、中が硬くなることがあります。

 

◎対策
アブラムシが媒介し、感染する病気なので、アブラムシを防除することが先決です。
防虫ネットなどを使うことによって、簡単に防除できる害虫ですし、
数が少なければ駆除も難しくありません。

 

できるだけこまめにダイコンの葉の様子を見るようにし、
葉の裏や新芽にアブラムシがいないかをチェックします。

 

 

●炭疽病
葉にごく小さな白っぽい病斑が出るようになります。
その後、病斑が少しずつ大きくなり、隣り合った病斑とくっついて大きくなり、
いびつな病斑を形成します。

 

最初白っぽかった病斑は、しだいに茶色っぽくなっていきますが、
最終的には色が抜けたように白っぽくなります。
時間が経つと、病斑の部分が破れるなどして、葉がぼろぼろになっていきます。

 

◎対策
感染した株をそのまま放置していると、そこに菌が残り、
次作のダイコンに感染する可能性が高くなります。

 

感染株は必ず処分しておくようにします。
発生が多い場合は、ダコニール1000を散布するようにします。

 

 

daikon2016-8

早期発見で良い収穫を!

 

 

●黒腐病
葉と根の両方に症状が出る病気です。
葉に症状が出る場合、最初は葉の縁が黄色く変色していきます。
そのうち変色した周りにある水の通り道(維管束)が黒く変色していきます。

 

根に症状が出る場合、表面上はあまり変化が見られません。
根の部分を明かりにすかしてみると、少し飴色のような色になっています。

 

切ってみると、導管の部分が黒く変色しています。
症状が進むと、内部が全体的に黒くなり、腐ったようになっていきます。
腐ったような症状が出るものの、軟腐病のような腐敗臭は出ません。

 

◎対策
連作をしていると発生しやすくなります。
以前に発生した場所では、できれば栽培しない方が良いでしょう。
育てる時は、消毒済みの種子を使うようにすると、感染が軽減されます。

 

 

●黒斑病
葉や葉柄に症状が出ます。
展開して時間が経ち、役目を終え始めた葉は特に症状が出やすくなります。

 

最初、とても小さな黒い病斑が発生します。
その病斑の周りはだんだんに乾燥していき、
白っぽい色に変化していき、後には壊死します。

 

中心部分は乾燥し、灰褐色や薄い褐色になります。

 

◎対策
ダイコンだけでなく、他のアブラナ科の植物も連作しないように注意します。
栽培に使う種は、消毒済みのものを使います。

 

 

●白さび病
最初は葉の裏側に白く少し膨れたような病斑ができます。
症状が進むと、病斑のできた部分が破れ、中から胞子が飛び出します。

 

病斑ができた部分の表側は、色が抜けたように退色します。
基本的には葉に症状が出ますが、多発すると根に症状が出る場合があります。

 

根に出る場合は、黒っぽい輪っかが根の表面にでき、わっか症と呼ばれます。

 

◎対策
発生した場合、ハチハチ乳剤やライメイフロアブルなどの薬剤が使えます。

 

 

+─────────────────────────────+

 

 

daikon

病気と害虫にやられたようです

 

 

■根に症状が出る病気

 

●軟腐病
株がまだ小さいうちに発生した場合、地際部分が水浸状になります。
地際以外も、葉柄が柔らかくなったり、葉が黄変したりします。

 

あるていど育ってから症状が出た場合は、根の頭の部分の色が濁り、
腐ったようになっていきます。

 

この時、葉柄は柔らかくなり、葉は黄変してじきに落葉してしまいます。
根の頭部分の濁りは、徐々に下の方に侵食していき、根の中心から腐っていきます。
腐ったようになった部分からは異臭がするので、軟腐病と分かります。

 

◎対策
軟腐病に抵抗性のある品種があるので、
それを栽培すると感染の可能性が低くなります。

 

また多発する場合は、カスミンボルドーやカセット水和剤などを使って、
予防することもできます。

 

 

●根くびれ病
ダイコンの生長段階によって、症状が異なります。
種を播いて10日ほどのごく小さいうちに発症した場合は、
地上部の胚軸の内側が黒く変色します。

 

種蒔きから30日~40日ほど経ったものは、
地下の5cm~10cmほどのところにある根が黒くなり、くびれます。

 

くびれのできた株は、地上部も萎れてしまいます。
根が肥大する時期になると、薄い褐色や紫がかった褐色の病斑ができます。

 

根が肥大するにしたがって、この病斑が伸びるように広がり、
帯状になっていき、根の周りを囲むようになります。

 

帯状になった病斑は、黒色や褐色をしていて、亀裂が入ることもあります。
根の中心まで色が変わることはほとんどありませんが、
見た目が悪くなるので、商品価値は下がります。

 

◎対策
水はけの悪い場所で育てていると、感染する可能性が高まります。
畑の水はけを良くしておきましょう。

 

また、被害が出た場合は、被害株をできるだけ畑に残さないようにし、処分します。
アブラナ科の植物との連作でも感染の可能性が高くなるので、注意が必要です。

 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培
・ミニダイコンの育て方

 

タグ : 

ダイコン 病害虫