ダイコン 栽培

ダイコン栽培.com

ダイコン オルトラン

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


orutoran
住友化学園芸 オルトランDX粒剤200g 価格810円前後

*ダイコンに使用できるオルトラン

 

 

ダイコン栽培では、アブラムシ類・コナガ・アオムシなど、
多くの害虫の被害を受けます。

 

効果的で使える薬剤として、オルトランが紹介されています。

 

オルトランには、薬剤の形状によって、
オルトラン粒剤とオルトラン水和剤、スプレータイプがあります。

 

ダイコンに使えるオルトランはどちらなのでしょうか。
また、ダイコンにオルトランを使用する場合の注意点は何でしょう?

 

 

[ダイコン オルトラン]

 

 

orutoran2
住友化学園芸 オルトラン液剤300ml 価格1800円前後

*液剤は、ダイコンには使用しないでください

 

 

■ダイコンに使えるオルトラン

 

オルトランには、粒状のオルトラン粒剤と、
水で薄めて使うオルトラン水和剤があります。

 

どちらもオルトランには違いありませんが、
ダイコン栽培に使えるのは、オルトラン粒剤のみです。

 

以前はオルトラン水和剤も使えたようですが、現在はダイコンの登録がありません。
オルトラン水和剤の方が、効果のある害虫の種類が多いため、

 

購入する時に水和剤を選んでしまうことも多いのですが、
育てたい植物が登録されているか、必ず確認するようにしましょう。

 

オルトラン粒剤を使用した場合、
ダイコンではアブラムシ類・コナガ・アオムシに効果が期待できます。

 

どの害虫もダイコンには大敵です。
家庭菜園では、できる限り無農薬を目指したいところでますが、
被害が大きく収穫できないことがあれば、使用を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

mabikimae

ダイコンの播き穴にオルトランを播き、種まきし発芽を待ちます

 

 

■ダイコンにオルトランを使う時の注意点

 

1. 使い方に注意
ダイコンを育てる時にオルトランを使う場合は、種を播く前に使うのが鉄則です。
食用でない花などの場合は、アブラムシが発生する前の時期や、
発生してから使用することが多いですが、ダイコンの場合は違います。

 

ダイコンは種を播いてから収穫までの期間が短いため、
栽培途中で散布したのでは、植物内の薬剤濃度が低くなるのに間に合いません。

 

そのため、種を播く前に使う必要があります。
とはいえ、種まきの何日も前に散布する必要があるわけではありません。

種を播く時、播き穴に散布するという方法を用います。
使用方法は難しくありませんが、散布するタイミングには注意が必要です。

 

 

daikonmabikigo

オルトランを使用したら、間引き名は食用にしないでください

 

 

2. 間引き菜に注意
オルトランを種まきの時に使用した場合、間引き菜を食べてはいけません。

 

ダイコンは種を播いた後、生育に応じて間引きを行います。
この間引きをしたものを「間引き菜」として、
サラダやお浸しなどにして食べることがあります。

 

けれど、オルトランを種まき時に使用しているのであれば、
間引きの時期は、まだまだオルトランの濃度がとても高い状態となっています。

 

オルトラン粒剤の容器にも、
「間引き菜、つまみ菜に使用しないでください」と明記されています。

 

間引き菜を食べられるのも、家庭菜園ならではですが、
薬剤を使用している場合は食用にしないようにします。

 

 

daikon-net

害虫予防に虫よけネットを使用すれば、無農薬の野菜が収穫できます!

 

 

3. もし害虫がついたら
種まきの時にオルトラン粒剤を使用せず、栽培中に害虫被害が出た時は、
オルトランを使用することはできません。

 

こまめに見回りをして捕殺するか、栽培中でも使える薬剤を使って駆除します。
アブラムシであれば、手軽なスプレータイプのベニカベジフルスプレーなどが使えます。 

 

収穫7日前まで使用することができます。
アオムシなどには、ベニカS乳剤などが使えます。

 

ただし、収穫30日前までの使用となるので、
収穫までの日数には注意が必要です。

 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培

 

タグ : 

ダイコン栽培 Q&A