ダイコン 栽培

ダイコン栽培.com

ダイコン 枯れる

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


daikon

ダイコンを大切に育てていたのに、突然枯れてしまったり、
少しずつ調子を崩して枯れ込むととても残念です

 

 

基本に忠実に育てていたはずでも、枯れてしまうのには理由があります。
原因をきちんと理解することで、次にダイコンを栽培した時、
同じ失敗をすることが少なくなるので、ぜひチェックしてください。

 

 

[ダイコン 枯れる]

 

 

■根が傷ついた

 

ダイコンは根が肥大したところを収穫し、食べる野菜です。
そのため、根はとても重要な部分です。

 

根が傷つくと、地上部の葉への水分や養分の循環ができなくなり、
枯れてしまうことがあります。

 

ダイコンが根を傷める原因を知っておきましょう。

 

1.水切れ、根腐れ
ダイコンは水はけの良い土で育てますが、乾燥に強いわけではありません。
むしろ必要な時に水が足りないと、根の肥大が悪くなったり、調子を崩します。

 

特に株がまだ小さいうちは、
水切れを起こすと元に戻らなくなることも多いので注意します。

 

反対に、土の保水力が高すぎて過湿の状態が続くと、根が腐ります。
根腐れは軽度であれば、少し調子を崩す程度で済むこともありますが、
最悪の場合は、枯れることもあるので気をつけます。

 

2.肥料過多
元肥として土に混ぜ込んでおく肥料や、
追肥として与える肥料として、粒状の肥料を使うことがあります。

 

こういった固形の肥料は、水分に肥料成分を溶けださせて効果を出すため、
肥料が根に触れていると、根がしぼんでしまいます。

 

肥料を与える時は、株から少し離したところに与えるのがポイントです。

 

 

nekirimusi

ネキリムシ、ちょっと掘ると、うようよいました!

 

 

3.モグラ、ネキリムシ
ネキリムシと呼ばれる、根を食害するような害虫の被害にあうと、
根が傷つけられて枯れることがあります。

 

株が小さければ小さいほど、傷をつけられた影響が大きく出ます。
また、モグラによって根が傷つく場合があります。

 

モグラはダイコンの根を食べるわけではないのですが、
穴を掘っている時、土と一緒に鋭い爪でひっかくため、傷をつけます。

 

新興住宅地の庭や、ベランダで栽培している場合は、
モグラの被害が出ることは少ないですが、
畑などで栽培する時は、モグラ対策をしておく方が無難です。

 

4.移植
基本的に、ダイコンは種直根性で種を直播きして育てる野菜です。
それはダイコンの根がとても細く、切れやすいためです。

 

成長期のダイコンは、もちろん根も太くなっていますので、
ダイコンを移植しないようにします。

 

小さな容器にばら撒きして発芽させたものを移植する場合も、
たいてい根を傷めてしまいます。

 

間引きしたダイコンの根を見るとよく分かりますが、
太いまっすぐに伸びた根から、細い根がちょろちょろと生えています。

 

この細かく生えている根は、栄養や水分を吸収するための大切な部分です。
ここを傷めると、生長に必要な水分等を吸い上げることができず、
そのまま弱って枯れてしまいます。

 

ダイコンはできるだけ種を直接播いて育てるようにしましょう。
また、間引きをする時も、残す株の根を傷つけないよう、
細心の注意を払うようにします。

 

 

daikon2016-6

間引きは、残すダイコンに被害のないように行います

 

 

■害虫によるもの

 

ダイコンにつきやすい害虫は色々いますが、
その中でも要注意なのが、アブラムシとハイマダラノメイガです。
アブラムシは繁殖力が異常に強く、最初は少なくても、あっという間に増えてしまいます。

 

数が増えれば吸われる汁の量も多くなり、ダイコンは体力を奪われて枯れてしまいます。
さらにはウィルス系の病気を媒介することもあるので、とても厄介です。

 

ハイマダラノメイガは、いわゆるシンクイムシと呼ばれている虫です。
ガの仲間ですが、幼虫がダイコンを食害します。

 

芯の葉をかじられてしまうと、枯れてしまうことがあります。
生長点をかじられたダイコンは、幼虫を駆除した後も生育することができず、弱っていきます。

 

特に株がまだ小さいうちは、芯に入り込まれると被害が大きくなるので、注意が必要です。

 

 

■病気によるもの

 

ダイコンがかかりやすい病気の中には、
モザイク病や青枯病、黒斑病など、かかると厄介なものがあります。

 

薬剤による防除ができるものとできないものがあるので、
できるだけ病気に強い品種を育てるようにします。

 

抵抗性がある品種でも、絶対に病気にかからないということではありませんが、
感染の可能性が低くなれば、その分育てやすくなるのも事実です。

 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培

 

タグ : 

ダイコン栽培 Q&A