ダイコン 栽培

ダイコン栽培.com

葉ダイコンの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


hadaikon
葉ダイコンは栄養たっぷりの大根の葉を育てる品種

 

 

育て方はとても簡単で厳冬期以外は何時でも栽培できます。

 

栽培期間も短く、狭いスペースでも育てられるので、
思い立ったらいつでも栽培が可能です。


 

タグ : 

ダイコン栽培 育て方

ミニダイコンの育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


minidaikon (2)
ミニダイコン、無農薬で葉も美味しい(マコトちゃん)

 

 

ミニダイコン(ミニ大根)は育て方も簡単で、
初心者のかたも、じゅうぶん育てられるダイコンです。

 

品種によって大きさは異なりますが、根の長さは15~30㎝くらいです。

プランター栽培や、狭い畑で多く収穫したいときにお勧めです。

 

 

■ミニダイコンの育て方

 

・お勧めの品種
ミニダイコンにはたくさんの品種がありますが、
秋まきの方が病害虫の被害が少なく育てやすいです。

 

「三太郎」「マコトちゃん」「ホワイトスティック」「雪美人」が、
育てやすく病気に強いようで美味でお勧めです。

 

 

daikontane

今年は、「三太郎」「マコトちゃん」を育てています

 

 

◎畑での栽培は?

 

・畑の準備
ミニダイコンは狭いスペースで栽培が可能です。

 

ミニダイコンを10本育てるのに必要なスペースは、
60㎝×80㎝とした場合の例をあげてみます。

 

この大きさの畝をつくると、
普通のダイコンは1条植えで3本しか育てられませんが、
ミニダイコンなら2条植えで10本以上育てることができます。

 

ダイコンの畑は深く耕す必要があります。
ミニダイコンでも深くよく耕したほうが元気に生長します。

 

約30㎝の深さまで耕し、石を取り除き土の塊を崩しておきます。
1㎡あたり100gの石灰と、完熟の堆肥150gを施しよく混ぜます。

 

 

tutidukuri

畑の土づくり

 

 

・種まき
種は植穴を1㎝程掘り、1か所あたり4~5粒の種を播きます。
種まき後はしっかりと水を与え、
できれば、発芽まで不織布をかぶせます。
乾燥しないように注意しましょう。

 

 

mabiki-tuihi (1)

・間引き
本葉が2~3枚に育ったら1回目の間引きを行います。
生長のよいものを残し、1か所あたり2本にします。

 

間引きに合わせ追肥も行います。
条間に溝を掘り、化成肥料を1㎡あたり50~60g施します。
肥料の上に土をかぶせておきます。

 

本葉が5~6枚になったら2回目の間引きを行います。
生長のよい株を1本のこし、後の株を抜き取ります。

 

 

mabiki-tuihi (2)

・追肥・土寄せ
2回目の間引きの後は追肥と土寄せを行います。

畝の表面を軽く耕し、
1回目の追肥をおこなったのと同じ場所に溝を掘ります。

 

1㎡あたり50~60gの化成肥料を施し、土をかぶせます。
畝肩の土を掘り上げ、株元に土を寄せます。

この時、葉の間に土が入らないように注意します。

 

・水やり
過湿に注意しますが、乾燥しすぎるのも困ります。
畑の土が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにします。

 

・収穫
種まき後50~60日で収穫できます。
地面に根がのぞき、葉が開いてきたら収穫できます。

 

 

daikon-planter A

プランターでも本格的な味わいのダイコンが収穫できます

 

 

◎プランターでの栽培は?

 

ミニダイコンのプランターは幅が70㎝以上で、
深さが30㎝以上のものが理想的です。

 

幅65㎝の標準プランターでも、
長さ10~20㎝とやや小さいですが、
美味なミニダイコンが栽培できます。

 

 

daikon

ミニでも、寒さに当たると甘くて美味しいです(三太郎)

 

 

土は市販の培養土で充分です。
自分で配合するのであれば、赤玉土:腐葉土を7:3の割合で混ぜます。
苦土石灰を10リットルあたり10g、化成肥料を20g混ぜておきます。

株間は15㎝~20㎝とり、1か所あたり4~5粒の種を播きます。

 

種まき後は水をしっかりと与え、
発芽までは水切れに注意して栽培します。

 

本葉が1~2枚になったら、
1回目の間引きを行い、1か所あたり3本にします。

 

 

tutiyose

間引きと土寄せのしかた

 
間引き後は、根元に軽く土を寄せます。

本葉が3~4枚になったら2回目の間引きを行います。
2回目の間引きでは1か所あたり2本にします。

本葉が5~6枚になったら1か所1本にします。

 

2回目の間引きと3回目の間引き後は、追肥と土寄せを行います。
化成肥料を10リットルあたり10g、株間に施します。
追肥の後は株元に土を寄せておきます。

 

 

■病害虫
ダイコンはアオムシやコナガ、ヨトウムシ、アブラムシが発生します。
種まきを行った後、トンネルつくって寒冷紗をかけ、
害虫の侵入を防ぐようにしましょう。

 

■ミニダイコン 育て方のコツ
1.ミニですがよく畑はよく耕し、容器は深いと高収穫になります
2.間引きと追肥を適切な方法と時期にします
3.肥ってきたダイコンから収穫すると収量が高くなります 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培

 

タグ : 

ダイコン栽培 育て方

桜島大根の育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


sakurajimadaikon002

朝霜に凍る桜島大根

 

 

桜島大根はダイコンの中では世界一大きく、
ギネスブックにも登録されています。

 

大きいものでは30kgにもなる桜島大根を、
家庭菜園で育てることはできるのでしょうか。

 

大きな桜島大根を栽培して、みんなを驚かせたいものですね。

 

 

■桜島大根の育て方

 

・桜島大根の種
桜島大根の種は「桜島大根」という品種名、
もしくは「桜島大丸」という品種名で売られています。

 

九州地方では手に入りやすいのですが、
それ以外の地域では、インターネットで入手できます。

 

桜島大根は温暖な気候を好むダイコンです。
栽培期間も6か月と長く、収穫時期は1月~2月ですが、
栽培地である桜島では霜が降りる心配はあまりありません。

 

桜島大根は暖地以外でも栽培は可能ですが、
30㎏のような大きな大根を育てることは難しいかもしれません。

 

大きくなくても、繊細で柔らかく煮崩れしにくい、
桜島大根特有のおいしさを味わうことはできます。

 

・畑の準備
桜島大根の山地である桜島は火山島です。
土壌には噴石が含まれています。

 

噴石には穴が無数にあいており、
土壌の余分な水を吸い取り水はけを良くしています。

 

また、乾燥した天気が続いているときには、
噴石が吸い取った水分が土壌に染み出て乾燥を防いでいます。

 

なので、桜島大根を育てる土壌は水はけがよくなくてはなりません。
ダイコン畑は普通のダイコンでも30㎝程の深さに耕す必要があります。

 

桜島大根では、さらに深く耕します。
耕した後にふるいにかけ、土を柔らかくしておきます。

 

水はけの悪い土壌であれば、くん炭を混ぜておきます。
そこに、苦土石灰を1㎡あたり100g、完熟堆肥を1㎏施しておきます。

 

桜島大根は生長も早く、かなり大きくなります。
元肥をしっかりと効かせて生長を助けます。

 

畝は1メートル幅にし、
通常のダイコンよりもたか畝にして水はけを良くします。

 

 

sakurajimadaikon001

桜島大根の種 C)赤松種苗

 

 

・種まき
桜島大根の種まきの時期は、地域によって大きく変わります。
寒冷地では6月~7月初旬、中間地~暖地は8月中旬から9月上旬です。

 

1条まきにし、畝間は90㎝程とります。
畝の中央に1㎝の溝を掘り、1か所あたり4粒の種を播きます。

 

薄く土をかぶせ、水やりや雨で種が流れないよう不織物をかけておきます。
水入れに注意が必要です。

 

発芽したら、不織布は取り外します。
寒冷地では、気温が上がるまで寒冷紗のトンネルをつくり保温します。

 

 

minidaikon (2)

ダイコンの発芽

 

 

・間引き・追肥・土寄せ
桜島大根は発芽後の生長がとても速い野菜です。
1回目の間引きは、本葉が1~2枚になったところで3株に間引きます。

 

間引きと同時に株間に1㎡あたり、
60~70gの化成肥料を施し、土をかぶせます。

 

本葉が2~3枚の時に2回目の間引きを行い、1か所あたり2株にします。
本葉が5~6枚の時に3回目の間引きを行います。

 

2回目と3回目の間引き時にも1回目と同様に、
1㎡あたり60~70gの化成肥料を施します。

 

追肥と同時に株もとに土寄せを行います。
葉の間に土が入らないようにします。

 

 

tutiyose

 

 

・水やり
発芽までは特に水切れに注意が必要です。
桜島大根の生長はとても速く、その分水分も必要とします。
畑の土の様子を見ながら、乾いていたらしっかりと水やりを行います。

 

・収穫
桜島大根は、12月を過ぎると急激に大きくなります。
収穫は種まき後50日~60日で、1月~2月頃になります。

 

寒冷地では霜が降りる前に収穫します。
大きく育った桜島大根の収穫は大変ですが、
根元を掴んで一気に引き抜きます。

 

 

■病害虫

 

ダイコンはアオムシやコナガ、ヨトウムシ、アブラムシが発生します。
種まきの時期が早いので、害虫の発生には注意が必要です。

 

発芽後はトンネルをつくり、不織布で覆って害虫の侵入を防ぎましょう。
出来れば薬剤の散布はしたくないものです。

 

害虫が発生したら早めに捕殺します。
あまりにも害虫被害がひどい時には、
早めの薬剤散布を行うと殺虫剤の使用を最小限に抑えられます。

 

アオムシ、ヨトウムシ、コナガにはトアロー水和剤CTやBTが良く効きます。
アブラムシにはオレート液剤が効果的です。

 

害虫被害は気温が下がって虫が活動できなくなったらおさまります。
そうなれば不織布を取り除いても良いでしょう。
■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培

 

タグ : 

ダイコン栽培 育て方