おろし シラス 納豆

ダイコン栽培.com

おろしシラス納豆

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク



おろしシラス納豆、さっぱりしているのにご飯が進みます

 

 

■おろしシラス納豆

 

春になると、旬の食べ物がたくさん出ます。

 

野菜や山菜もそうですが、魚も春が旬のものがたくさんあり、

やはり旬の時期に食べると特別おいしいように感じます。

 

春が旬の魚も色々ありますが、中でもシラスは入手しやすく、

親しみやすい存在ではないでしょうか。

 

スーパーなどでは一年中お店に並んでいますが、

実は真夏や真冬は水揚げ量が少ないこともあります。

 

春になるとシラス漁が始まるので、その時期には新鮮なシラスが楽しめます。
今回は、釜揚げシラスをたっぷりと使った、おろしシラス納豆です。

 

とても簡単で、シラス同様手に入れやすい材料ばかりを使っているので、

おいしいシラスが手に入ったらすぐに作れます。

 

作り方はとても簡単、材料も少なく、味もかなりさっぱりとしているにも関わらず、
ご飯との相性が抜群なので、白いご飯が進みます。

 

●材料

ダイコン……150g~200g
納豆……2パック
シラス……50g~
刻みネギ……適量

 

醤油、ポン酢……お好みで

 

●作り方


1.ダイコンは皮を剥いておろします。
水気は絞らず、すべて使います。

 

 

2.大きめの器に納豆を入れ、付属のカラシやタレを加えてよく練ります。

 

 


3.納豆がよく練れたら、ダイコンおろしを汁ごと加えて混ぜます。

 

さらにシラスを加えて混ぜ、醤油やポン酢で味を調えたら、

仕上げに刻みネギを混ぜて出来上がりです。

 

●ポイント

シラスは釜揚げだけでなく、天日干ししたものでも作れますが、

釜揚げシラスの方が口当たりが柔らかく、

たっぷり加えても硬さが気にならないのでお勧めです。

 

納豆に付属されているカラシやタレが苦手な方は、

仕上げの醤油やポン酢のみで調味してください。

 

温かいご飯にのせて食べるのも良いですし、

最初からご飯の上ののせて丼にしてもおいしいです。

 

■参考

・ダイコン 地植えの栽培
・ダイコン プランターの栽培
・ダイコン 袋栽培
・ダイコンの収穫時期
・ダイコンの害虫
・ダイコン 太くならない理由は?



スポンサードリンク

 

タグ :  

ダイコンの品種

人気の記事